松本操法律事務所 中央区 銀座

交通事故

松本操法律事務所 交通事故
交通事故をめぐる問題

 自動車事故といえば負傷したり最悪の場合は死者が出るといった人身事故と車両同士の接触による物損事故が典型的ですが、今では損害保険会社が示談成立に向けて代行サービスを行うのが一般的です。
しかしながら、軽微な接触追突事故でも当事者双方が過失の割合について互いに主張を曲げずこじれるケースも少なくありません。また、人身事故でも後遺症が残ってしまうような重大事故では、等級認定をめぐって保険会社の提示する賠償額ではとうてい納得がいかないといったケースも出てきます。
こうした場合、少しでも相手の言い分に納得がいかない方は、安易な示談をする前に当事務所までご相談ください。きっとより適切な解決結果が得られるかもしれません。

*(人身事故)
交通事故にあってけがをしたが、相手方の保険会社からの賠償の提示額に納得がいかない。
*(物損事故)
車両どおしの衝突で相当な修理代がかかるが、過失の割合について相手と折り合いがつかない。
*(後遺症と等級認定)
人身事故に遭い、むちうち症などの後遺症が残ったが保険会社から連絡のあった等級認定と損害額に納得がいかない。
*(高次脳機能障害と等級認定)
身内が交通事故に遭い高次脳機能障害の診断を受けたが、後遺症の等級認定について争いたい。

ご相談者様の声

松本操法律事務所|交通事故をめぐる問題|ご相談者様の声|中央区 銀座

松本操法律事務所|お問い合わせはこちらから|中央区 銀座 ← お問い合わせはこちらから

↑ PAGE TOP