松本操法律事務所 中央区 銀座

不動産問題

松本操法律事務所 不動産問題
不動産をめぐる問題

 一口に不動産をめぐる問題といっても相続開始後や離婚時、また借金の清算時においても不動産があることによって問題が複雑化することが多くあります。
それは不動産が人々の生活の拠点となる場所であるとともに資産としての価値が高いことに原因があります。
そのため、土地や家の貸主さんと借主さん、不動産売買の売主さんと買主さんというように立場が逆の人同士ではどうしても利害対立が大きくなり、こじれると問題が大きくなる傾向があります。
したがって、時間が経過して損害額が拡大してしまう前に当事務所にご相談ください。

*(土地建物の明渡し)
地代や家賃を長期間払っていない借地借家人に対し、土地や建物の明渡しを求めたい。
*(地代家賃の回収)
借地借家人にきちんと未払いの家賃を支払ってもらいたい。
*(更新料の請求)
更新料の支払を拒む借地借家人に更新料を請求したい。
*(立ち退き交渉)
事情により借地借家人に立ち退きを求めたい。
*(立ち退き料の請求)
地主、大家さんから立ち退きを求められたが、立退料を請求したい。
*(地代家賃の値上げ交渉)
地代や家賃の値上げについて協議がまとまらない。
*(土地境界の画定)
土地の境界線について隣地とトラブルになった。
*(マンショントラブル)
集合住宅の管理をめぐり住人と管理会社とでもめている。ペットの飼育、騒音問題や水漏れ発生などのトラブルが生じている。
*(賃貸借契約書のチェック)
賃貸借契約など契約書類に不備がないかどうか心配なので、一度チェックしてもらいたい。

ご相談者様の声

松本操法律事務所|不動産問題|ご相談者様の声|中央区 銀座

松本操法律事務所|お問い合わせはこちらから|中央区 銀座 ← お問い合わせはこちらから

↑ PAGE TOP